ほろり酒 歌詞

歌:渥美二郎

作詞:千寿二郎

作曲:千寿二郎

女にうまれて よかったと
言わせるひとつも ない俺に
尽すまごころ 笑顔に泣ける
ほろりお酒 つがせる指に
せめて飾ろう 花の輪を

わがまま つよがり なきぐせは
女の弱さの うらがえし
春を待たせて 花ならつぼみ
ほろりお酒 せつなく抱けば
熱い命の 紅の花

二人で歩いた おもいでは
二人でかさねた 夢のあと
酔えばふるえる 心がふたつ
ほろりお酒 とかして涙
季節はずれの 花の宿

渥美二郎について

親の代からの演歌師。高校を中退し、北千住、浅草などでギターでの流しを始める。 1976年「可愛いおまえ」でCBSソニー(現ソニーエンタテインメント)よりデビュー。1979年の「夢追い酒」がミリオンヒットし、その年に紅白に初出場。「夢追い酒」はオリコンチャート109週連続チャートインの記録を樹立。
渥美二郎の人気歌詞
夢追い酒

悲しさまぎらす この酒を 誰が名付けた ...

釜山港へ帰れ

つばき咲く春なのに あなたは帰らない ...

他人酒

捨てられても 捨てられても あなたが好 ...

永遠鉄道

車輪は踊りだし レールは歌い出すよ こ ...

忘れてほしい

ごめんなさい あなた 昔に戻る 嫌いに ...

哀愁

この街を離れたら 傷が癒えますか この ...

北のものがたり

ついてくるのは 止めときなよと あなた ...

夢よもういちど

雨にうたれて 散る花は 涙かくして 春 ...

骨頂節

どうあがいても どう力んでも 牛にゃ飛 ...

いたわり

なんで今夜も悲しげに 酔っているんだ ...

涙色のタンゴ

恋せども愛せども 添えない人と 未練な ...

奥の細道

空行く雲に 誘われて 止むに止まれず  ...

夕凪の宿

苦労したねと肩抱くよりも 叱って下さい ...

想い出のひと

おもいでさみしい いで湯の宿は 雨の音 ...

おまえとしあわせに

血のにじむほど 指を噛み 俺の帰りを ...

いかないで

みんなあげます ついて行けるなら つら ...

夢落葉

この命 あなたにあげて よかったわ こ ...

幸せとまれ

ひとり飲みほす 酒よりも 熱い情に 酔 ...

可愛いおまえ

ヒモつきの女と 言われたのかい お店の ...